FC2ブログ


タイトル画像

音楽配信でしか聴けないショスタコーヴィチ(1) ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィル

2020.01.06(19:30) 5

Shostakovich: Symphony No. 4 (Live)
MUNCHNER PHILHARMONIKER GBR (2018-11-30)
売り上げランキング: 281

今更言うのもおこがましいが、2000年以降、CD不況が叫ばれて久しい。

ブランドとしてはEMIとBMGが消滅し、リアル店舗もかつての賑わいはない。
2012年には、新世紀になって下がり続けてきた生産枚数・売上が前年比を上回ったのもつかの間、その反動か、翌2013年には2011年を下回るといった有様で、以降、下がり続けている(2019年の統計はまだ出ていないが、恐らく下がっているだろう)。

その一方で、売上を伸ばしているのが音楽配信サービスだ。2018年は、ストリーミングがダウンロードを上回って話題となったり、アルバムが急速に縮小傾向となっている反面、トラック単位では急激な伸びを示し、結果的に音楽配信全体で見れば前年比113%という高成績を叩き出している。

Apple Music、Spotify、LINE MUSICがストリーミング・サービスの典型だ。ちなみに、クラシック音楽ファンにはお馴染みのNML(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)もストリーミング・サービスである。

しかし、これらストリーミング・サービスの音楽配信は、1トラック何円ではなく、定額制(サブスクリプション・モデル)を採っているので、ダウンロード・サービスをストリーミング・サービスが売り上げで上回ったということは、ダウンロード・サービスの売り上げは相当落ち込んでいるのではないかと思う。サブスクリプションの月額料金は精々\1,000前後だろう。もちろん、1度契約してしまえば、何曲聴いても料金は変わらない。それが、ダウンロード・サービスの売り上げを抜いたのだから。

そういった状況の中、消費者(一般リスナー)が統計には現れない減少として注目すべきなのが、ディスクでは発売されず、音楽配信サービスでのみ購入できる商材(録音)の存在だ。また、かつて発売されていて、ずっと廃盤のままとなっている音源も多数見つけることが出来る。

普通の音楽好きなら、CDで聴くのも音楽配信(中でもストリーミング)で聴くのも同じことだろう。
しかし、ネットの常時接続はもちろん、5G(第5世代)の高速・大容量ネット通信技術も目の前に来ている今、ネット通販でCDを注文し、2,3日後に届いて(配送量によっては家にいて受け取らなければならない!)封を開け、パソコンやNASに取り込んでリッピングし、SDカードにコピーしたりDAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)に転送してやっと聴くことができる、なんてまどろっこしいことしていられない。

という
訳で、サブスクリプションのストリーミング・サービスで聴くにしろ、ダウンロード・サービスで聴くにしろ、今や、音楽配信サービスは音楽ファンにとって欠かせないツールとなっているのではないだろうか。もちろん、クラシックやジャズ、ワールド系といった、どちらかというと特殊な音楽形態は、「そもそも配信のラインナップに入っていない!」ってこともあるが、それはCD時代にも言えたことで(「いつまでもCD化されない! LP手放せないじゃん!」)、時代は繰り返すのだ。

■ここで本題
前置きが長くなってしまったが、この辺りで本題に行かねばならない。

今回ご紹介したいのは、ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルのタコ4・・・こと、ショスタコーヴィチの交響曲第4番だ。

ゲルギエフとミュンヘン・フィルの録音は、ミュンヘン・フィルの自主制作盤として、2017年にR・シュトラウスの《英雄の生涯》を皮切りに、ブルックナーの交響曲やマーラーの交響曲がCDで発売されている。最新盤はマーラーの第8番で、そろそろ店頭に並ぶはずだ(2020年1月6日現在)。

しかし、2018年末に配信が開始されたこのタコ4は、未だにCDにはなっていない。ついでに言えば、交響曲第9番と第15番の録音も配信されているが、未CD化のままだ。双方とも配信開始は2017年3月なので、これらがまだCDになっていないということは、このタコ4もしばらくはディスク化されないだろう。

演奏は、第4番が第9番や第15番よりも優れているばかりでなく、ゲルギエフの同曲盤の中で断トツの秀演だ。

なんと言っても、チェリビダッケ時代に培ったと思われる、バイエルン放送響同様の南ドイツのオーケストラ特有の明るいサウンドの中にある、重心の低い厚みのある響き(特に弦群)は、この曲にふさわしい。第9番や第15番では、それが裏目に出てしまっているかもしれない。

特に、ショスタコーヴィチの演奏でも使われているだろうロータリー・トランペットの輝かしく豊かな音色は、通常のHD音質(といってもCD同等)とUltra HD(24bit/96khz)とで最もよく違いの分かるポイントだ。


ドイツのオーケストラ、特にミュンヘン・フィルのショスタコーヴィチというと、かつてはチェリビダッケとの録音以外だとテンシュテットとの《革命》くらいしかなかったものだが、本盤(ん?盤ではないが)は文句なくミュンヘン・フィルのショスタコ録音の第1位である。

これ、本当にCDで出さなくていいのかなあ・・・。
スポンサーサイト







        クラシック音楽・楽譜・オーディオ・パソコン



| ホームへ | スタディ・スコア全滅のシベリウスの交響曲、第6番・第7番の廉価スコア発売!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skripka.blog17.fc2.com/tb.php/5-dff5b36c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)